<< 栗駒山の高山植物 その1 2015年6月22日 赤い子再び >>
ハリオアマツバメ
a0261462_15154592.jpg

太陽とハリオアマツバメ



25日に栗駒山の山域を登山しました。
目的は高山植物だったので、栗駒山の山頂は踏みませんでした。むしろ当初御室に足を延ばすつもりでしたが、しろがね草原から展望岩頭へ登る際に疲労困憊のヘロヘロ状態になってしましい展望岩頭で足を休めました^^;。
多分軽い熱中症だったと思います。

展望岩頭はイワウメ、イワカガミ、ムシトリスミレ、オノエランなどの高山植物の宝庫です。
ここで大休憩をした際、高速で弧を描いて飛ぶハリオアマツバメがを見ることができました。






因みにレンズは100mmマクロなので飛び物には全く太刀打ちできず^^;。証拠写真です。

蔵王や神室山などでもよくアマツバメの仲間を見掛けますが、まあ大抵識別はできません。
今回証拠写真レベルですがハリオアマツバメと識別できました^^)。
a0261462_15434032.jpg

ハリオアマツバメ
「ちらっ」




※トリミングしています。



a0261462_15445134.jpg

ハリオアマツバメ



※尾羽には三角形の切れ込みはありません。名前の由来のハリオ(針尾)の羽軸の針のような尖りは見えませんね^^;。トリミングしています。



近くを飛んだ時にピン外れですが辛うじて写っていました。
a0261462_15501097.jpg

ハリオアマツバメ



※空飛ぶシャチ(笑)。トリミングしています。



土管のような胴体ですが、オオグンカンドリと並び通常飛行ではほぼ鳥類最速です(ハヤブサは羽を畳んで急降下する時にほぼ鳥類最速)。

ハリオアマツバメが飛んでいた展望岩頭
a0261462_1644037.jpg

展望岩頭



※奥に昭和湖、左奥に須川温泉が見えます。



因みに今の時期須川温泉や栗駒山荘に営巣しているのはツバメの仲間のイワツバメです。
アマツバメの仲間とツバメの仲間は全く別種なので要注意。
[PR]
by htt-bird2 | 2015-06-27 16:08 | 野鳥 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 栗駒山の高山植物 その1 2015年6月22日 赤い子再び >>