カテゴリ:野鳥( 75 )
オオマシコ
a0261462_2250835.jpg

オオマシコ(♂)
「あ”~」



折角遭遇したオオマシコなので、もう2~3枚掲載します。
例年だと12月中旬に寒波が来て大雪が降った後に遭遇する機会が多いんですがね。
第1陣なんでしょうか?

続きはこちら
[PR]
by htt-bird2 | 2017-11-23 23:03 | 野鳥 | Comments(4)
青だけがいない森
a0261462_21332775.jpg

オオマシコ(♂)



そう言えば以前TVで藤原竜也主演の「僕だけがいない街」という映画を見ました。
まあ、全然関係ないんですけどね~。

冬の野鳥の信号と言えば色々組み合わせがありますが、ルリビタキ・ミヤマホオジロ・オオマシコというのが嬉しい組み合わせじゃないでしょうかね。
黄色はトラツグミ、赤はベニマシコなども入りますが、青はルリビタキ一択でしょう!。

と言っても、今回もルリの気配はありませんでしたが^^;。

続きはこちら
[PR]
by htt-bird2 | 2017-11-22 21:57 | 野鳥 | Comments(0)
バルーンの後で・・・
a0261462_19181265.jpg

ウソ(♀)



11月17日、早起きして熱気球の競技フライトを見に行った後、お約束のように岩出山の森で鳥見です。
丁度ルリビタキが山を下りてくる頃なんだが・・・。

残念ながらルリの気配はなかったんですけどね^^;。

続きはこちら
[PR]
by htt-bird2 | 2017-11-17 12:00 | 野鳥 | Comments(0)
2017年4月30日 田谷地沼 ~サンショウクイとノジコ~
a0261462_1610474.jpg
ノジコ



ゴールデンウイークに入り人出も多くなるのが気になりますが、今しかない夏鳥の撮影チャンスなので、再び田谷地沼に行きました。
まあ今しかないと言うのは、主にサンショウクイですね。
新緑が芽吹いてくると、他の鳥はともかく、サンショウクイは殆ど撮れなくなります^^;。

ノジコも地域限定的な野鳥ですが、田谷地沼では割と簡単に見ることができます。

続きはこちら
[PR]
by htt-bird2 | 2017-04-30 16:47 | 野鳥 | Comments(6)
2017年4月21日 田谷地沼 ~徐々に増えつつある夏鳥~
a0261462_2265781.jpg

クロツグミ



2回目の田谷地沼。夏鳥は徐々に増えつつあるようです。
センダイムシクイとサンショウクイを確認しました。サンショウクイは証拠写真も撮れなかったけど。

クロツグミも美声を響かせていました。私がクロツグミを撮影していると、あっという間に水芭蕉を見に来たご婦人グループ5・6人に囲まれて質問攻めに。「何見てるの?」「あれ、なんて言う鳥」「どこよ、どこにいるのよ!(怒)」・・・勘弁して下さい^^;。

続きはこちら
[PR]
by htt-bird2 | 2017-04-21 22:37 | 野鳥 | Comments(0)
2017年4月17日 田谷地沼 ~交錯する夏鳥と冬鳥~
a0261462_20581640.jpg

ルリビタキ



a0261462_20584860.jpg

クロツグミ



三日前に七ツ森に登った時夏鳥らしき鳴き声を聞きました。
今年もそろそろ夏鳥のシーズンが始まります。

例年だと4月中旬に、一旦平野に近い森で夏鳥を探してみますが、今年はやや早いかなと思いつつも田谷地沼に行ってみました。
夏鳥はまだ少なく、クロツグミとエゾムシクイ(声だけ)を確認しただけでしたが、山地へ移動途中のルリビタキがいたので楽しめました^^)。
もしかして、毎年この時期の田谷地沼で探した方が確実なのか?

続きはこちら
[PR]
by htt-bird2 | 2017-04-17 21:21 | 野鳥 | Comments(0)
カシラダカ
a0261462_15294476.jpg

カシラダカ



アメリカや韓国が激しく揺れ動いている中、私もぼつぼつと冬の青い鳥を探し始めています。
今のところ声だけで中々撮れていませんがね^^;。

カシラダカは森でも平野部でもどこにでもいる小鳥です。
地面で採食していて、近づくと一旦近くの木の枝に退避します。そんな様子がこの写真ですね。ちらりとこちらを見ています。
時々ミヤマホが混じっていることもあるので要チェックです。
[PR]
by htt-bird2 | 2016-12-14 15:45 | 野鳥 | Comments(0)
2016年10月2日 空振り覚悟の田谷地沼でしたが・・・
a0261462_0194694.jpg

樹上の熊!



なんでピンポイントで熊に遭遇するかなあ・・・。
前とは別の場所だし、野鳥にも殆ど会えないと言うのに、熊だけは高い確率で会えます(涙)。
ストーカーですか君は。

ふう・・・、まあ野鳥の方は空振り覚悟で、あわよくば渡り途中の野鳥にでも会えないかということだけでしたが。
目にした野鳥はカラとゲラの仲間くらいでしたが、ルリビタキらしき鳴き声も聞こえました。

続きはこちら
[PR]
by htt-bird2 | 2016-10-03 00:51 | 野鳥 | Comments(2)
2016年7月1日 第4回赤い子詣で
a0261462_2255237.jpg

対岸のアカショウビン


※DA★300mmF4/K-5



前回から2週間以上が経過し、熊も同じ場所での餌探しも限界でそろそろ姿を見せなくなる頃だろうということで、久し振りの赤い子詣で。
もちろん今回はいざと言う時のためにナイフも持参して万全の構え^^)。・・・果たして万全なのか?

流石に期間を開け過ぎたせいか、熊には遭遇しませんでしたが赤い子の出も悪かったです(涙)。
今回は50m以上離れた対岸に1度だけ姿を見せたきりでした。
まあ、それでも赤い子に会えただけでもそれなりに満足でした。

続きはこちら
[PR]
by htt-bird2 | 2016-07-01 23:51 | 野鳥 | Comments(2)
2016年6月12日 第3回赤い子詣で ~熊の当たりの日~
a0261462_16514772.jpg

オシドリの雛


※目の前に過眼線がないのがオシドリの雛の特徴



前回良く出てくれたこともあって今回も期待していましたが、赤い子が出てくる前に何度も熊が出没してきたので、3時間ほどで撤退を余儀なくされました^^;。
2度程近くに寄ってきた熊を笛を吹いて追い払いましたが、あまり驚いて逃げる様子でもなかったので、少々厄介な気配でした。
3度目は30m位の距離で木に登り始めました。
武器と防具はカーボン三脚に布の服、ヒノキの棒と革の鎧より頼りない装備なので、心残りながら撤退しました。

唐辛子スプレーでも調達しようかなあ・・・。

因みに赤い子は鳴き声数回と番(2羽)の目撃のみ。
[PR]
by htt-bird2 | 2016-06-12 17:19 | 野鳥 | Comments(2)