<< 2016年5月24日 第1回赤... 2016年4月27日 船形山麓... >>
水原クマガイソウの里
a0261462_21131123.jpg

クマガイソウの群生



クマガイソウはラン科の一種で、袋状の花弁が特徴的な花です。熊谷直実が背中に背負った母衣(ほろ)に見立てたて名づけられたと言われています。
個人的には宮城県での自生地には心当たりがありませんが、お隣の福島県には有名な群生地が3か所あるようです。

〇福島市松川町水原地区
 クマガイソウの里 約3万株の群生地
〇二本松市
 羽山の里 クマガイソウ園 個人所有の約1万株の群生地 
〇いわき市田人町
 田人町のクマガイソウ 個人所有の約3万株の群生地

クマガイソウは絶滅が懸念されるの貴重な花ですが、これらの群生地は期間限定で一般公開されています。
この内水原クマガイソウの里は植栽や株分け等が全くされていない野生の群生地ですが、地元の方々の努力でしっかりと守られているようです。






まあ一番近いと言う事もあり、水原クマガイソウの里に行ってみました。
やっぱりこの群生には圧倒されますね~。
a0261462_21402281.jpg




これ程の群生地、本来なら「ふわあ!綺麗なお花畑♪」と目をキラキラさせるところでしょうが、ちょっと不気味でした・・・。

花見台が設けられており、間近でクマガイソウを見ることができます。
a0261462_2150255.jpg




a0261462_21504519.jpg




葉も扇子か団扇のように特徴的です。
a0261462_2151584.jpg




a0261462_21511713.jpg




ほんと、面白い花です。
[PR]
by htt-bird2 | 2016-05-16 10:00 | | Comments(2)
Commented by MrB at 2016-05-21 07:38 x
おはようございます。
福島まで来てたんですね。クマガイソウの為にワザワザ来られたんですか?
福島のアパートからだと30分程度で行ける距離なので、行こう行こうと思っているうちにシーズンが終わってしまいそうです。
Commented by htt-bird2 at 2016-05-21 12:22
MrBさん、こんにちは。
実はクマガイソウ詣では何年か前からの懸案事項でした。
一泊して安達太良山にでも登ろうかと考えていましたが、翌日の天気が雨でしたので、とんぼ返りで帰ってきました^^;。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 2016年5月24日 第1回赤... 2016年4月27日 船形山麓... >>